曹洞宗とは

中国で発展した禅宗の1宗派で、唐代の禅僧洞山良价を開祖とします。
名称は洞山と弟子の曹山の名を由来とするという説と、洞山と禅宗六祖曹渓慧能の名にちなむものという説があります。
中国では宋代以後、曹洞宗は臨済宗とならんで中国禅宗を代表する宗派となりました。

日本では、曹洞宗は今から800年ほど前、鎌倉時代に宋に渡った道元により伝えられ、瑩山により全国に広められました。 日本における禅宗の三大宗旨「臨済宗」「曹洞宗」「黄檗宗」のうちの一派で、道元が開いた永平寺と、瑩山の開いた総持寺の2つを本山としています。
釈迦牟尼仏をまつることが多く、これは教えの根源を、菩提樹の下で悟りを開いたお釈迦さまの瞑想体験そのものに求めるためと言われています。
また、曹洞宗では道元を高祖と呼び、瑩山を太祖と呼んで、お二人を「一仏両祖」あるいは「両祖大師」と呼んで、同じように尊崇する伝統が現在まで続いています。

臨済宗が時の武家政権に支持され、政治・文化に重んじられた背景を持つのに対し、曹洞宗は一般庶民の中に浸透していったために文化の面と結びつくことは少なかった反面、広く大衆に支持され続ける宗派となりました。

曹洞宗の座禅は中国禅の伝統とは異なり、ひたすら座禅をすることにより自ら仏性を見出そうとするもので、臨済宗とも性格を異にしています。
臨済宗のように公案を使う流派もありますが、ごく少数です。

道元の「正法眼蔵」や、その要文を抄出した「修証儀」を聖典として使い、儀礼では「般若経」が読まれます。

曹洞宗掛軸

御尊家歴代の菩提供養は、
三位一体(本山・菩提寺・御尊家 親から子・子から孫へ)でお護りしましょう。
御尊家の宗旨、本山、菩提寺、御本尊、
御唱號は、御開山は、御開基はご存じですか?
春・秋の彼岸、お盆、御法要の際に、三尊仏御尊影軸を御掲示下さい。

一仏両祖様(三尊仏)御尊影軸のご案内

一仏両祖様

曹洞宗の御本尊釈迦如来、永平寺御開山、道元禅師、総持寺御開山瑩山禅師の三尊佛御尊影の下方に、永平寺、総持寺の両大本山様に御揮毫と御朱印をいただき、菩提寺様にて御尊家御先祖様の菩堤供養及び御安泰を祈念して、御揮毫と御寺院を頂いてご利用下さい。

春秋の彼岸、お盆、施餓鬼、御法要の際に掲示して御尊家累代の菩提供養にどうぞ。

三尊佛様の配置

三尊佛様の配置

三尊佛様の配置は、中央に釈迦如来像、左に常済大師、右に承陽大師の配置になります。
三尊佛は、中央の仏像と、左右の菩薩を配置しており、中尊と左右の脇侍(わきじ・きょうじ)からなり、3つの仏像が一組になったものになります。

料金のご案内

※生軸代
<右図>どちらかを選んでください。
イ)尺八寸巾正絹地に三尊佛様シルク印刷 本体価格 25,000円(税抜)
ロ)尺八寸巾正絹地に三尊佛様手書き 本体価格 50,000円(税抜)
※揮毫料について 大本山 永平寺様揮毫料 3,000円
大本山 総持寺様揮毫料 3,000円
御尊家 菩提寺様
(揮毫料及び開眼供養料)…御住職様にご相談下さい。
※表装料 A)中金襴(真の真仕立て/桐箱付) 本体価格 35,000円(税抜)
B)準金欄(真の真仕立て/桐箱付) 本体価格 45,000円(税抜)
C)曹洞両山紋(真の真仕立て/桐箱付) 本体価格 45,000円(税抜)
D)極上正絹
  古代柄復元織(真の真仕立て/桐箱付) 本体価格 80,000円(税抜)
E)合金牡丹(真の真仕立て/桐箱付) 本体価格 100,000円(税抜)

表装裂地のご案内

マウスを重ねると裂地が下に大きく表示されます

曹洞宗両山紋

曹洞宗両山紋

中金欄・準金欄

中金欄・準金欄

四丁正絹復元織

四丁正絹復元織

合金牡丹

合金牡丹

表装裂地は他にも多数用意しておりますのでご相談下さい。
画像はイメージです。実際の完成品とは若干仕上がりが異なる場合があります。

掛けるときの豆知識

仏事の時などに、三尊佛様のお軸と他のお軸とを併せて飾る場合、原則、
三尊佛様のお軸を中央にして、他のお軸は脇に掛けるのが望ましいです。
決して誤りではありませんが、やはりそれぞれの御尊家の本来のお軸を中央に配置するのが正式です。